中学生女子が躍進

中学生女子が躍進

明けましておめでとうございます!
2020年になりました。
昨年2019年は女子の活躍が目立ちました。
 
神戸女学院、神戸海星、親和、金蘭千里、甲南女子、池田付属 etc
 
中学生女子が躍進しました。
英語初心者で、中1の4月から学校の成績はずっと平均点以下の生徒さんが、
中2の2学期から大きく点を伸ばしました。
平均点から20点上の点数を取り、自信になったのか
積極的に質問するようになり、よく話すようにもなりました。
 
英語の初心者の方は、英才教育をしてきた生徒さんより
当然遅れをとっているので、1学期の成績はよくありません。
当会は文法構造をしっかり日本語で構築し、発展的に教える形式で授業を行うので、
最初はNHK「基礎英語」も難しく感じると思いますが
2年生のある時期から急に伸びていきます。
それまで忍耐強く、学習が継続できるかがカギです。
苦手意識を持たないように、コツコツ理解して積み上げて、リピートし、
すぐに伸びなくても、継続して学習することで成績を上げていくという強い意志が必要です。
 
海星、親和の生徒は1学期中間から常に9割を取っています。
親和の保護者の方は入会当時「うちの子はついていけるかしら」と不安そうでしたが、
中1当初から学年上位、中2では学年1位になり、
当会の勉強方法が活かされて本人も自信になり、
笑顔で通塾して来られるのを見ると私もやってきてよかったとつくづく思います。
金蘭千里の生徒さんも学校とは進度が違いますがしっかり家で復習して
自分のものにしているようです。20点テストでは常に満点近いですね。
池田付属や神戸大付属、公立の生徒さんも頑張っています。
当会は当初男子生徒が9割でしたが、少しずつ優秀な女子が増えているのは喜ばしい限りです。
2020年も英語力をアップしたい女子の入会を歓迎します。
 
*個人情報のため、実名は記載しておりません。
 

投稿日:2020年1月6日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です